人間関係がうまくいかない~悪口の受け止め方~

こんにちは!ぴなです!

 

今、この記事を見てくださっているみなさんは、

人間関係に悩んだことや悪口を言われてしまったことはありませんか?

 

人間関係に悩むとき、自分自身のことが大っ嫌いになるくらい辛いことですよね。

でも、その考え方間違っています!

 

結論から言います。

その悪口真逆のことを言っています!

だから、大丈夫です!

 

では、どういったことなのか、お話していきますね。

 

なぜ、悪口を言うのか?

日常の中で悪口が飛び交っているといってもいいほど、悪口は絶えません…。悲しいことですが。

悪口を言うのには、理由があります。

 

それは、【すねている】からです(笑)

 

悪口を言う人は、悪口を言ってしまう人のことを、認めることができないんですよね。

壊れているから。

けれど、悪口を言われていると知ったら、めっちゃ辛くないですか?(泣)

「あの人、私の悪口言ってきた。酷い。でも、私も悪いことしたのかな。」って思ってしまいます。

 

でも、そう思うからいけないのです!

 

 

悪口は真逆

先ほど、言われた悪口が真逆だといいましたよね!

そうです、真逆です(笑)完全に、真逆です。

 

分かりやすい例を出します。

めちゃくちゃ可愛くてきれいな人がいます。

なのに、「よく見たら、そうでもないやん。絶対化粧やろ。

の裏を返せば、

化粧上手すぎやろ。しかも、めっちゃきれい。羨ましい。

といった感じですかね^^

 

それから、好きな子には意地悪してしまうのもそうです(笑)

これが、真逆ということです。分かりやすいですよね(笑)

だから、もし、悪口を言われていたり、避けられてるのかなとか思った時は、

真逆のことを考えてみてください!

 

そうすると、気が楽になると思います!

 

悪口でなくとも、恋人同士での会話の中でもこのことはあると思います。

  • 嫌い=大好き
  • もうええわ!帰る!=追いかけてほしい…。
  • どうせ分かってくれんのやろ?=一緒に理解深めたいだけ

というような感じですね。分かる方も多いのではないでしょうか!

 

また、自分自身も知らない間に真逆を言っているかもしれないです。

そうならないためには…

 

素直になろう!

すねて相手を認められない時、つい思っていることと逆のことを言ってしまいます。

そんなとき、自分自身の気持ちに少しずづ素直になれれば、

私ってこんなこと考えてたんだ…。と気づくことができるのです。

これって、本当に素晴らしいことなんですよ。

 

こんな奴に私負けたの?ありえない!と認めたくないから、素直になれない。

強がってしまって素直になれないと人生の選択肢も減ってしまうんですよ。

 

素直さが人生を豊かにする

素直になることで増えることがあります。

それは、自分が欲しいと思うものが自分の中に入ってきます。

なぜだと思いますか?

 

それは、

 

負けたくない、弱くない!という気持ちを捨てた場所に、

 

 

余裕が生まれるからです。

 

 

負けること、弱いことを認められる人に

人生においての楽しさや生きる意味というのが生まれるのだと私は思っています。

 

負けないように努力するより、負けることを認めて、

人生が楽しくなるほうが勝ってるなって思いませんか?(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

悪口を言われて、その時は傷つくかもしれませんが、

客観視してみると、気づくことがたくさんあります。

真逆に考えると、「なんで言ってくれんのよ~」と思えるようになります。

自信がなかったとしても、ちょっと自信持てたなって思ってもらえると思います!

 

さらに、自分が知らないうちに強がってしまっていたら、

素直になることを、弱さを認めることを思い出してください!

 

すると、きっと毎日が楽しくなります!

是非、強がらないで、負けて、損して、余裕をもって!

人生を変えてみませんか?^^

 

以上、ぴなでした!おわり!