言葉にすることの大切さ

こんにちは、ぴなです。

みなさんは、友達などと言い争った経験はありますか?

言い争わなくとも、言いたいことが言えていますか?

恋人でもそうですよね。

言いたいことが言えなくて、
もどかしい気持ちになったり、
ストレスが急に爆発してしまったり、
言葉にできないとしんどいものです。

言葉にすることは、簡単そうで
とても難しいですよね。

今回は、そんな言葉にすることの大切さについてお話していきます。

 

言葉にしないと爆発する

自分の言いたいことを言えないと、
その分ストレスとなって溜まっていきます。

そして、溜まりに溜まったストレスが
爆弾となり、プチっと切れた瞬間に
爆発するという仕組みです。(笑)

恋人同士の場合だと、このパターンで
別れを告げることになるのは
少なくないでよすね。

今まで溜まっていた恋人へのストレスを
一気に恋人へ打ち明けるのですから、
そりゃ、勢いで別れようなんて言ってしまうのも無理はないです。

しかし、それは、今まで言葉にしなかったのが爆発の原因です。

きちんと言葉にしてお互いの意見を言い合えていれば、別れる状況などなかったはずなのです。

恋人同士に限らず、友達同士の場合でも
起こりうることです。

日ごろの言いたいことは、はっきりと言わないとだめなのです。

 

怖くて言えない

本当にこの状況の方は多いのではないでしょうか。

言いたいことを言いたいけど、
嫌われそうで言うのが怖い。

そんなことで、友達や恋人の関係が終わるの
なら、それまでの関係だったということです。

そういう運命だったと思って、
きっぱりやめればいいのです。

言いたいことを言い合えてこそ、
真の関係ではないでしょうか。

 

ポジティブな気持ちも言葉にする

ポジティブな気持ちというのは、
どのような気持ちだと思いますか!

 

例えば、好きな気持ちです。

好きな気持ちは、相手に伝えないと、
相手が自分のこと好きかもなと感じていたと
しても、確信は持てませんよね。

さらに、付き合っているのなら、なおさら
好きだということを伝えないと、相手は
不安になってしまいます。

私は、お付き合いしている人がいた時、好き
という言葉を伝えてもらえなかったです。

その時は、本当に私のことが好きで付き合っ
ているのかなと、不安になりました。

一緒にいるのになんだかとても寂しい気持ちになっていました。

好きという気持ちを伝えることは本当に大切なことなんだと気づかされました。

 

さらに、例を出すと、外見を褒めることもとても大切なことです。

ちょっとしたことでも気づいてもらえること
って心の底から嬉しいことです。

前髪を少し切っただけなのに、
前髪切ったね、可愛いねと言われると、
少しだけど切ってよかったと思いますよね。

ちゃんと私のことを見ていてくれているんだと嬉しい気持ちになります。

そういったことに、気づき、言葉にすること
で、相手を安心させられるのです。

 

言葉にすることで関係は深まる

 

結局何が言いたかったかといいますと、
本当に信頼しているのなら、
言葉で自分をさらけだそうということです。

これからも関係を続けていきたいのなら、
自分が思っていることを言っていかなければ
きっとすぐ終わってしまいます。

爆発させないためにも、お互いがしんどい思
いをしないためにも、言い合わないといけないです。

そして、信頼関係を築いていくのです。
 

最後に

いかがでしたか?

言葉にすることって簡単そうですが、
実は難しいものなんです。

けれど、信頼関係を築いていくには
言葉にすることが一番大切です。

そして、相手を思いや気持ちも忘れないでくださいね。

参考になりましたら、是非、言葉にするということを実践してみてください。

 

ぴなでした。