寝すぎは良くない!規則正しい睡眠を…【ノンレム睡眠】【レム睡眠】【対策】

こんにちは!ぴなです!

 

健康に影響を与える

睡眠

みなさんは、自分自身の睡眠の質は良いと思いますか?

私は、しっかりゴールデンタイム含めて7時間とっています(笑)

 

しかし、そんな睡眠には、寝不足も寝すぎも体にはよくないのです。

私の友人に森の美女かというほど、寝るやつがいるのですが、

やっと起きたと思ったら、ぼーっとするとか言って(笑)

当たり前だわ!寝すぎなんだから!と怒っています(^^

 

では、なぜ【寝すぎ】がよくないのか!お教えしましょう!

 

 

寝すぎがよくない理由

疲れていて、しんどくて、休日は、夕方まで…(笑)

一日をつぶした感半端ないですね…

 

寝すぎた場合、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが崩れてしまうんです。

 

ちなみに、ノンレム睡眠というのが、眠りが深い状態であり、

レム睡眠が浅い眠りのことです。このノンレム睡眠とレム睡眠は、

90分ずつサイクルが行われています。

 

そのサイクルですが、4~5回繰り返し、

睡眠の前半に深い眠りであるノンレム睡眠、

後半に浅い眠りであるレム睡眠であることで

良い質の睡眠が行われます。

 

しかし、寝すぎた場合、先ほども言った通り、

2つのバランスが崩れます。

 

そうすると、朝起きても疲れが取れた感じがしなかったり、

体の不調として現れるのです。

重大な病気になる可能性が高まることも睡眠は

大いに関係してきます。

 

そうならないためにはどうすることが良いのでしょうか。

また、睡眠のリズムを整えるにはどうするべきなのでしょうか。

 

 

睡眠の質を高めるには?

良い睡眠をとるためには、

何事も自ら対策することが大切です。

 

誰でもできることだと思うので、ぜひ快適な睡眠のために

実践してほしいです!!

 

対策①寝る前スマホを辞める

スマホには、ブルーライトが入っています。

これが、快適な睡眠を失われます。

ブルーライトを浴びることで体内時計が狂ってしまいます。

 

寝る前にYouTubeを見たり、ゲームをしたりするのは

やめましょう!(笑)

 

対策②お風呂に浸かる

一人暮らしだとなかなかお風呂に浸かることができない

ことも多いかもしれませんが…

 

お風呂にゆっくり浸かることで体温を下げようとするので

眠りにスーッと入れます。

さらに、リラックス効果も期待できるので、

お風呂に浸かることはとても重要なことです。

 

毎日は厳しくても、週3日はお風呂に浸かると

決めておくとよいですね!

 

 

対策③同じ時間に起きる

毎朝同じ時間に起きることを心がけましょう!

 

遅く寝てしまった時でも、きちんと同じ時間に起きていると、

自然と正しい睡眠へと改善していくのです。

 

 

 

このように、質の良い睡眠というのは、

自分で作っていくことが大切です。

今、睡眠が最悪だと思うのであれば今日から!

実践していきましょう!そして、睡眠の質の裏に、

重大な病気が隠れているかもしれないということを心にとめておきましょう。

 

睡眠を最高なものにしていきましょう!

 

ぴなでした。