口コミの影響力|消費者行動

こんにちは!ぴなです!

 

みなさんは、口コミに何か書き込んだことはありますか?

実際に、口コミを趣味にしている人もいるようです!

 

スモールワールド実験というのをご存知でしょうか?

この実験は、直接つながったことのない相手にお手紙を送りたいと思って、

まず自分の知り合いに宛てて送ったところ、

経由したのがなんと最高で2人だけという結果になったのです。

最低でも10人という結果です。驚きませんか?(笑)

だから、口コミは何よりも影響力が強いといっても過言ではありません!

 

今回は、そんな口コミについてお話していきたいと思います。

 

 

口コミとは?

まず、口コミとは、個人と個人の間でコミュニケーションが行われ、

新商品などの情報を交換することです。

本当は、身近な人同士の口頭でのコミュニケーションのことですが、

最近では、SNSでのメッセージ、写真などの情報も口コミの一つとして

考えられるようになってきました!

必ずしも口頭での情報交換だけとは限らないのです。

 

また、口コミには人間の心理として、

企業情報より口コミのほうを信用する傾向にあるのです。

初めて行くレストランなんかは口コミの評価で選んで決めたり、

コスメだったら、口コミのサイトなんかもありますよね!

いい意見も悪い意見もあるので参考にしやすいということです。

 

では、なんでこのように口コミを参考にする人が多いのでしょうか。

 

 

なぜそんなに口コミを重視するのか?

新商品の場合では何も情報がないために、正確な情報を手に入れるために、

新商品を買う前の判断に口コミを利用するのです。

 

また、新商品でも50円や100円の商品なら、失敗したとしても大丈夫だから

口コミは使う方は少ないと思います。

しかし、デパコスなどの化粧品となると、お肌に合わないとか、

色が最悪だったとならないように商品のリスクの高さに合わせて口コミを利用するようです。

 

さらに、旅行となるとどうでしょう!

行ったことのない国だと不安ですよね。

何があるのかなどと体験談として口コミを見るのです!

 

 

 

口コミの影響力

口コミの影響力というのは素晴らしいものです。

企業側からの宣伝は、意図的に消費者へとむけられたものですが、

口コミというのは、消費者の間で行われている、

あくまでコミュニケーションの1つであるのです。

ただ自分の感想を述べているだけで、特に買ってほしいと思って口コミは書かないと思います。

 

というように、第三者の評価というものが客観的な情報となり、

とても説得力のあるものとなるのです!

 

さらに、誰が発信するかによって影響力は大いに変わってきます。

これが、以前紹介しました、オピニオンリーダーの存在なのです。

専門性が高いオピニオンリーダーの情報というのは、かなり参考にするのです。

オピニオンリーダーについてはこちらから!

 

そして、これ以外にも類似性といったことも重要になってきます。

情報発信者との共通点を見つけることで信用度が高まるので、

年代で言えば、20代の人が化粧品の口コミを発信したとしても、

40代の人とは価値観が違ってくる場合があるので、あまり見ないと思います。

 

口コミの内容に関する影響力

この内容の中でも、ポジティブな内容より、ネガティブな内容のほうが

拡散されやすく、影響力が半端ないのです!(笑)

 

これは、なぜかと言いますと、、、

口コミを書き込む側としては、商品に不満を持っている場合、

満足している人に比べてくらいのネガティブな口コミを投稿しているのです。

さらに、口コミを見る側もネガティブな口コミを重視します。

これは、マイナスなものを重視してしまう人間の心理にあります。

誰かの悪いところを見つけたらすぐ誰かに喋ってしまう心理なのです。

口コミを書く人は女性が多いといわれています。何となく納得できますよね。(笑)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

このように口コミというのは多大な影響力を与え、

企業の宣伝に知らずしらずのうちに貢献しているのです。

 

私も口コミを書いたことがありますが、友達が同じものを買っていた時もありました(笑)

さらに、口コミを見て歯医者さんに行ったこともあります。(笑)

それ程にも影響力が大きいということですね。

 

みなさんも口コミをみて、歯医者さんを予約しましょう!結構参考になりました!(笑)

 

次回のPINA DIARYは、

この口コミでのマーケティングについてお話したいと思いますので、

是非参考にしてみてくださいね!

 

以上、ぴなでした!おわり!