口内炎の原因と対処・予防法【ストレスが原因⁈】

こんにちは!ぴなです!

 

今回は、口内炎の原因と対処・予防について、

紹介していきたいと思います。

 

そんな口内炎ですが、誰もができたことあるのではないでしょうか。

 

私はあまりできない方ですが、

できるときは、食欲を失うほどです。

また、私の友人も不快な痛みが長期にわたって

続き、楽しいはずの食事が嫌な時間に

変わっていくそうです…。

 

そうならないためには

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

口内炎とは?

 

口内炎とは、口の中で粘膜に起こる炎症です。

口内は、食べ物、空気、ほこりなど

様々なものが入ってきやすい場所です。

 

正常な場合、唾液などによって

清潔に保つことができるのですが、

何らかの原因によって崩れてしまった場合、

細菌などが繁殖しやすい状態となり、

口内炎ができやすくやってしまうのです。

 

 

口内炎の原因

口内炎の原因は様々です。

 

ストレス

ストレスで自律神経が乱れると、

免疫力の低下に影響します。

 

さらに、ストレスは腸内にも影響を及ぼすため

ビタミンを生成する腸内細菌が少なくなり、

ビタミン不足で、口内炎ができやすい状態

となってしまうのです。

 

睡眠不足

睡眠不足やストレスが多くなってしまうと、

免疫力の低下で、口内炎が

できやすい状態となってしまいます。

 

ビタミン、栄養不足

ビタミン不足や栄養不足の状態であると、

口内炎ができやすくなります。

 

日常の食生活の中で、

栄養が十分に取れていないと、

食生活を見直さない限りは、

いつでも口内炎を作りかねない状態

が続くのです。

 

ビタミンB2やビタミンB6は、粘膜を修復する

役割を持っているため、

積極的な摂取を心がけること

が重要となります。

 

口の中を噛んだ

口の中を噛んだ後、その傷が炎症を起こし、

口内炎ができてしまう場合があります。

 

アレルギー

食べ物、薬、金属などの

アレルギーを持っている場合、

アレルギー反応で口内炎ができてしまう

可能性があるのです。

 

 

口内炎ができた場合の対処法

対処しよう!
  • 口の中を清潔に保つ【1日3回の歯磨き】
  • きちんと休む
  • 栄養を考えて食事をする

痛すぎる口内炎を少しでも早く治すために、

正しく対処していきましょう!

 

口内炎ができないために

予防しよう!
  • 栄養バランスを考えた食事を心がける
  • 睡眠を規則正しくとる
  • アルコールやタバコを普段から控える
  • 口内を清潔に!

口内炎を引き起こさないためにも、

日頃からしっかりと対策・予防し、

食事が嫌にならないように

意識していきましょう!

 

楽しく食事できるとみんな幸せですよねっ♡

 

 

ぴな!