膀胱炎とは?【膀胱炎にならないための予防】

こんにちは!ぴなです!

 

今回は、膀胱炎にならないための予防法を

紹介していきたいと思います。

 

そもそも膀胱炎とは?

膀胱炎とは、様々な種類があり、

 

  • 急性膀胱炎
  • 複雑性膀胱炎
  • 出血性膀胱炎
  • 間質性膀胱炎

があります。

 

膀胱炎は、主に性的活動期の女性

が特にかかりやすく、

 

残尿感

排尿時の痛み(終盤)

頻尿

 

といった症状が見られます。

 

 

 

膀胱炎の原因

 

原因としては、細菌の感染が考えられますが、

尿意を我慢した場合やストレス、疲労、

睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、

性交渉、月経、便秘、冷えなど

様々なものが原因となってきます。

 

不潔な状態での性交渉であれば、

細菌が侵入しやすくなってしまったり、

 

月経時のナプキンを長時間にわたって、

つけている場合も原因として考えられます。

 

 

なぜ女性は膀胱炎になりやすいのか?

 

女性の方が膀胱炎になりやすいのは、

男性より女性の方が尿道が短いために、

細菌が膀胱まですぐ到達してしまうからです。

 

尿は細菌を外に出す役割をしているのですが、

我慢などをしてしまうと、

細菌が膀胱で繁殖し、

膀胱炎を引き起こしてしまうのです。

 

また、ホルモンバランスや

自律神経のバランスの乱れから免疫力が

低下し感染しやすくなるため、

女性は注意が必要となるのです。

 

膀胱炎にならないための予防

予防しよう!
  • 水分を多めに摂取する
  • 排尿を我慢しない
  • 体を冷やさない
  • 性交渉後は排尿する
  • 排便後の拭き方→前から後ろ
  • 入浴や下着の交換はきちんとする
  • 月経時のナプキンは1時間ごとに交換する
  • 排便を整える

このように、生活の中で意識していくことで

膀胱炎になる確率はグンと減ります!

 

 

膀胱炎かもと思ったら

もし、膀胱炎のような症状が

起こってしまった場合、

 

重大な病気にかかっている可能性

 

も考えられます。

 

なかなか治らない場合

何度も膀胱炎になってしまう場合など、

 

何かおかしいなと思ったらすぐに泌尿器科

を受診しましょう。

 

さらに、男性の場合、膀胱炎かと思ったら、

前立腺肥大症や膀胱癌だった

ということも考えられます。

 

すぐに、医療機関へ行きましょう。